手紙/木星

 


大雨ザーザー聴きながら、手紙を書いた。今住んでいるアパートに、かつて住んでいたという方からの手紙のお返事。花の絵のポストカードをインターネット通販で買ってくださって、私の住所を見て驚いて手紙を書いてくれたそう。東京都内、あふれかえる物件のなか 同じ家なんて、すごい! なんてすごいご縁なんだろうと思って、ちょうど掃除しにいらっしゃっていた大家さんに話すと、これがはじめてではないらしい。何度かそういう話を、住人からされたらしい。もっと、すごい!と思った。


最近木星のことを、よく考える。
あんな見た目だし こんな名前なのだから 木でできた星であってほしかった。
木、どころか あの星には地表がない。ほとんどガスで構成されている。
私はそれを知ったとき 虚しくなった。
あの巨大な球体が、あれがオバケなんて。
 でも、写真を眺めると、美しい おおきな木星
うーん、信じきれない・・・
 
虚無はいつもわたしを穏やかに包んでいるから
うつろな目で、きれいな涙をいっぱい流したいと思った!
 
 
この間、教えてもらった人の曲が、とてもいいのでリンクを貼っておきます
→「花束

コメント