2020-12-29

なんでもない日に


なんでもない日に、ショートケーキを焼いたりクッキー缶を作ってプレゼントしたりするのは楽しい。


年内のブログの更新はこれで最後かな。今月はいっぱい投稿してみました。よいおとしを。

2020-12-25

思うこと


なかなか売れず仕事も少ない、でも尊敬する絵描きがいる。妥協をしないので、ものすごく時間がかかる。売れるように、みんなが気に入るように 喜ぶように取り繕って描くのをいやがる。
芸術活動をしていれば、何かに揉まれて棄てられた、落としてしまった宝物が、多くの人にはあると思う。彼はそれを守りながら歩き、落としたらその都度回収してまわっている。ほかの誰かが落とした宝物まで回収して保管しているようにも思える(…)

世間がよろこぶ絵を描けば(それだって簡単なことではないけど)売れて生活が豊かになるけども、その選択肢を素通りしてでも自分の大切な物を守る姿勢は、なかなか難しい。
(誰かによろこばれるように描くことが間違いとか、ひとつの思想を持ち続ける事だけが正しいと思っているとか、生活のために描く絵の意味が無いとか、きらいだとか、そういうふうに思っているわけではありません。) 

私は、表面的なうつくしさだけではなく、絵にも散らばるそんなやさしさがとくに好きで、尊敬している。
私には、芸術家として、正しい道を通って来ているように見えるのだけど、現実では、なかなか観てすらもらえない。そんな状況がやりきれない。

説明とか、解説とかを受けて見るんじゃなくて、自分の感性だけで何かを観る考えるという事が大切な気がするけど、すぐに投げ出されてしまうのだろうか。
…それは、そうさせないために、こちらが譲歩するべきなのかもしれない。そうしないとなにも始まらないのかもしれない。

コミュニケーションってむずかしい。
頑張ろう。正しいことをしている人たちが、報われるように うまいことやりたい。
いつも私の絵を見てくださっている方々は、本当にありがとうございます。絵に代わって私が。絵を観てもらえるって本当に幸福なことだと思う。自分しかいない星に生まれたら、心のどこかでいつか誰かの目に触れる事を信じて絵を描く気がする。
いや、実際そうでもないのかな?(…)

2020-12-20

ホライズン・ブルー


素敵な色の絵の具を見つけたら買うようにしている。これは小さな画材屋さんで買った三色。「ピンク」「ホライズン・ブルー」「シャトルーズ」。
ホライズン・ブルーは名前もいい。家に帰って確認してみると別のメーカーのホライズン・ブルーも持っていた。

色との出会う場所、名前、意味、パッケージデザイン…なんかは、けっこう重要な事みたいだ。ウキウキする絵の具を使うとだいたい絵がうまいこと行く。

最近はゲームミュージックを聴きながらよく絵を描く。昨晩はアンダーテイルとマザー2のサウンドトラックを長い時間聴いていた。
夕暮れな気分のときは「さよならを教えて」の「流れとよどみ」がサイコーです。自分の絵にもBGMがつけばいいのにな。
動き出せばもっと楽しいのにな。


青森からのヒヤシンス ゆっくり育つ

2020-12-17

黒い雨の夢


私は50号くらいの大きなパネルを前に何を描こうか長い間悩んでいた。回りの人たちは完成に近づいていたけど、まだ真っ白だった。
どうしたもんかと下書きもせず、とりあえず黒色の絵の具のチューブを絞って雨の絵を描いたら、それがすごく良い黒で、黒い雨は本当に雨になって絵の中で降り出した。高架下から傘が、つぎつぎ出てくる。
この場所は知らないけど、夢の中で歩いたような気がするなあ、と思ったところで目が覚めた。
昨晩見た夢の話。ちょっと名残惜しかった。画像は関係ない絵です。

2020-12-12


どちらも同じユリを描いた絵。
こういう絵にしたい、ワタシが描きましたよ!、なんていう気持ちより、花を見たときの素直な印象を尊重しようと思ってあれこれ試して描いている。


2020-12-02

夕ぐれ

 


▲岡真史さんの詩を聞いて描いた。

くもも 空も まっ赤にそまる
ぼくも 仲間だよ ね
ほら 全身 まっ赤だよ